川上企業→川中企業→川下企業

chemSHERPA®の普及によって、サプライチェーン上の情報を、円滑・効率的に伝達します。
chemSHERPAは、サプライチェーン・パートナーシップ基本方針に従い、
chemSHERPA利用ルール管理ガイドラインに基づき利用してください。

最新情報

chemSHERPAとは

  • 製品含有化学物質の情報伝達共通スキーム

    製品に含有される化学物質を適正に管理し、拡大する規制に継続的に対応するためには、サプライチェーンにおける製品含有化学物質の情報伝達が必要です。サプライチェーン全体で利用可能な共通スキームです。

  • 確実かつ効率的な情報伝達のためのデザイン

    サプライチェーンにおける製品含有化学物質情報の伝達のためにデザインされています。さまざまな業界で利用可能です。サプライチェーンの川上から川下まで、共通の考え方に基づく情報伝達を実現します。

  • 情報伝達と管理の課題への継続的な取り組み

    共通の物質リストに基づく成分情報、さらに成形品については製品分野ごとに求められる遵法判断情報を追加した、「責任ある情報伝達」を可能とします。製品含有化学物質管理の課題の解決に継続的に取り組みます。