管理ガイドライン

製品含有化学物質管理ガイドライン(以下、管理ガイド)はサプライチェーン全体を通して含有化学物質情報の授受が適切かつ確実なものとなるように、組織における製品含有化学物質管理のポイントをまとめたものです。
扱う製品や工程、業態などによって、適切な管理の方法は異なりますので、リスクに応じた適切な管理方法を自ら検討し、実践、継続的に維持・改善することが製品含有化学物質の管理に必要です。管理ガイドは、そのためのテクニカルドキュメントであり、普遍的なものとして位置づけられています。
製品含有化学物質管理の取組みを進めている組織では、管理ガイドの示す管理のポイントの実践を確認し、必要に応じて改善することが必要です。一方新たに取組みを始める組織では、管理のポイントをふまえて、適切な形で管理の仕組みを構築することが必要です。そして、その適合度合いを自主的に判定した結果に基づいて自己適合宣言を行い自らの取組み状況とその責任を社会に対してアピールしていただきたいと考えます。
製品含有化学物質の管理は、サプライチェーン全体で実践される必要がありますので、JAMP会員の他、複数の団体が作成に関わっている、これらの管理ガイドが広く活用されることを期待します。

製品含有化学物質管理ガイドライン

公開日 資料名 概要 ダウンロード
2019-01-31 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版 附属書E:チェックシート第4.01版 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版の附属書E 「チェックシート第4.01版」を、MS-Excel形式で提供するもの。〔マクロ動作不良を改良いたしました〕 ダウンロードページへ
2019-01-31 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版 附属書E:チェックシート第4.01版 (英語版) 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版(英語版)の附属書E 「チェックシート第4.01版」を、MS-Excel形式で提供するもの。〔日本語フォントが入っていないPCで使用した際のマクロ動作不良を改良いたしました〕 ダウンロードページへ
2019-01-31 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版 附属書E:チェックシート第4.01版 (中国語版) 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版(中国語版)の附属書E 「チェックシート第4.01版」を、MS-Excel形式で提供するもの。〔日本語フォントが入っていないPCで使用した際のマクロ動作不良を改良いたしました〕 ダウンロードページへ
2019-01-31 CiP_Guidelines_4.0(Hangul) The Hangul version of the Guidelines for the management of chemical substances in products version4.0. Translation was carried out by Sony Corporation and Sony Electronics of Korea Corporation. JAMP has released it as a reference document. ダウンロードページへ
2019-01-31 AnnexE_CheckSheet_4.01(Hangul) The Hangul version of the Guidelines for the management of chemical substances in products version4.0. Translation was carried out by Sony Corporation and Sony Electronics of Korea Corporation. JAMP has released it as a reference document. ダウンロードページへ
2018-05-31 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版 11団体の参加する協働検討会における検討によって、製品含有化学物質管理に取り組む組織の支援を目的として作成されたものである。 JIS Z 7201:2017 (製品含有化学物質管理-原則及び指針)に準拠し、製品含有化学物質管理ガイドライン第3版を改訂したもの。 ダウンロードページへ
2018-05-31 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版(英語版) 11団体の参加する協働検討会における検討によって、製品含有化学物質管理に取り組む組織の支援を目的として作成された「製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版」を、JAMPが英訳し、参考文書として提供するもの。 ダウンロードページへ
2018-05-31 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版(中国語版) 11団体の参加する協働検討会における検討によって、製品含有化学物質管理に取り組む組織の支援を目的として作成された「製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版」を、JAMPが中国語訳し、参考文書として提供するもの。 ダウンロードページへ
2018-05-31 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版 附属書F:自己適合宣言書(様式例) 2018年05月31日 [コメント] 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版の附属書F 「自己適合宣言書(様式例)」を、MS-Word形式で提供するもの ダウンロードページへ
2018-05-31 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版 附属書F:自己適合宣言書(様式例) (英語版) 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版(英語版)の附属書F 「自己適合宣言書(様式例)」を、MS-Word形式で提供するもの。 ダウンロードページへ
2018-05-31 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版 附属書F:自己適合宣言書(様式例) (中国語版) 製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版(中国語版)の附属書F 「自己適合宣言書(様式例)」を、MS-Word形式で提供するもの。 ダウンロードページへ

製品含有化学物質の管理および 情報伝達・開示に関するガイダンス

公開日 資料名 概要 ダウンロード
2019-01-17 製品含有化学物質の管理および 情報伝達・開示に関するガイダンス 塗装・印刷工程(第2版) 本ガイダンスでは、塗装・印刷工程において重要視される、製品に含有される化学物質管理の化学物質/混合物から成形品への変換工程の具体的な管理のあり方について基本となる考え方をとりまとめ第2版として改訂しました。 ダウンロードページへ
2018-12-19 製品含有化学物質の管理および 情報伝達・開示に関するガイダンス・実装「プリント配線板等の電子部品実装工程」(第3版) 本ガイダンスでは、プリント配線板等に実装する電子部品・デバイス等の変換工程に関わる製品含有化学物質の管理および情報の開示、伝達について基本的な考え方をとりまとめ第3版として改訂しました。 ダウンロードページへ
2018-10-31 接触による移行汚染管理ガイダンス ―RoHS指令対象フタル酸エステル4物質への対応の着眼点― 第1.0版(英語版) 本ガイダンスは、4種のフタル酸エステルの移行による汚染の管理をする上で、個社の固有環境下における管理の仕組みを自ら構築する上で必要になる基本的な着眼点を示すことに特化し、とりまとめました。これをJAMPが英訳し、参考文書として提供するものです。 ダウンロードページへ
2018-10-31 接触による移行汚染管理ガイダンス ―RoHS指令対象フタル酸エステル4物質への対応の着眼点― 第1.0版(中国語版) 2018年10月31日 [コメント]本ガイダンスは、4種のフタル酸エステルの移行による汚染の管理をする上で、個社の固有環境下における管理の仕組みを自ら構築する上で必要になる基本的な着眼点を示すことに特化し、とりまとめました。これをJAMPが中国語訳し、参考文書として提供するものです。 ダウンロードページへ
2018-11-16 製品含有化学物質の管理および 情報伝達・開示に関するガイダンス「輸送包装(第3版)」 本ガイダンスでは、輸送包装に特化して、管理ガイドラインに示された製品含有化学物質管理の要件をどのように実践するべきかについて、基本的な考え方をとりまとめ第3版として改訂しました。 ダウンロードページへ
2018-10-31 接触による移行汚染管理ガイダンス ―RoHS指令対象フタル酸エステル4物質への対応の着眼点―(第1.0版) 本ガイダンスは、4種のフタル酸エステルの移行による汚染の管理をする上で、個社の固有環境下における管理の仕組みを自ら構築する上で必要になる基本的な着眼点を示すことに特化し、とりまとめました。 ダウンロードページへ
2018-10-03 製品含有化学物質の管理および 情報伝達・開示に関するガイダンス「商社ガイダンス(第3版)」 商社が、製品含有化学物質管理ガイドラインに示された管理に取り組むための基本的な考え方についてとりまとめたガイダンスを第3版として改訂しました。 ダウンロードページへ
2009-01-07 製品含有化学物質管理ガイドライン 実施項目一覧表兼チェックシート JAMPが提供する仕組みの公開 【製品含有化学物質管理ガイドライン 実施項目一覧表兼チェックシート】 ダウンロードページへ

他団体が作成したガイダンス文書等

公開日 資料名 概要 ダウンロード
2014-02-05 中小企業のための製品含有化学物質管理実践マニュアル【入門編】(第2版) 全国中小企業団体中央会では、2012年3月に、「中小企業のための製品含有化学物質管理実践マニュアル【入門編】(第2版)」を発行し、多くの中小企業における製品含有化学物質管理への取り組みに活用されてきました。今回、JIS Z 7201:2012や製品含有化学物質管理ガイドライン第3版が発行されたのを機に、JAMPが改定のお手伝いをさせていただきました。製品含有化学物質管理の入門資料として広く活用ください。 外部サイトへ
2013-12-13 製品含有化学物質の管理および情報伝達・開示に関するガイダンス -粘着テープ・粘着シート-(第2版) 日本粘着テープ工業会は、2010年12月に「REACH規則への粘着テープ業界対応ガイダンス(第1版)」を発行した。その後、製品含有化学物質管理ガイドライン(第3版)改正に伴い、日粘工の同会JAMP推進分科会は、ガイダンスの改正を行い、2013年12月に「REACH規則への粘着テープ業界対応ガイダンス(第2版)」を発行しました。第1版に引き続き、JAMPとして推奨しています。 外部サイトへ
2014-03-27 製品含有化学物質の管理および情報伝達・開示に関するガイダンス -電線・ケーブル版-(第6版) 日本電線工業会および電線総合技術センターがとりまとめた電線・ケーブルに関する製品含有化学物質の管理および情報の開示、伝達の考え方についてのガイダンスを、推奨するものです。今回、JIS Z 7201:2012や製品含有化学物質管理ガイドライン第3版が発行を機に、製品含有化学物質管理についての記述を加えた第6版が発行されました。 外部サイトへ
2014-11-01 電子部品中のセラミック物質標記に関するガイドライン(第3.1版) 電子情報技術産業協会(JEITA)電子部品部会が、円滑な情報伝達・開示の実現・実行のためにとりまとめた、電子部品の構成材質としてのセラミックの情報を伝達する際の標記方法に関するガイドライン。 外部組織による作成文書の推奨手続きにしたがって、製品含有化学物質管理ガイドラインを補足する関連文書として位置づけられる。 外部サイトへ

その他の文書

公開日 資料名 概要 ダウンロード
2016-01-27 取り組みマップ 自社の有する工程のガイダンスがないような場合でも、類似工程のガイダンスを参考にしていただけるように、サプライチェーンの模式図上に作成済みのガイダンスを示し、ガイダンスの概要も紹介しています。 ダウンロードページへ
2016-02-22 製品含有化学物質管理の入門講座資料(改訂版) 製品含有化学物質管理の普及、実践拡大のために、「製品含有化学物質管理の入門講座」の資料を作成しました。 ダウンロードページへ
2008-12-02 外部組織文書の推奨手続き JAMPの提案する製品含有化学物質管理の仕組みを活用・普及することなどを目的に、業界団体などの外部組織が、作成・発行する管理ガイドラインに関連する文書を、JAMPとして推奨するための手続きを規定した。 ダウンロードページへ

ページのトップに戻る