沿革

アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)は、アーティクル(部品や成形品等の別称)が含有する化学物質等の情報を適切に管理し、サプライチェーンの中で円滑に開示・伝達するための具体的な仕組みを作り普及させることが、産業競争力の向上には不可欠であるとの認識に立ち、この理念に賛同する17の企業が発起人となって2006年9月に業界横断の活動推進主体として発足しました。

歴代会長・議長

2006 年 9 月 – 山本 一元 旭化成株式会社 相談役
2010 年 6 月 – 冨澤 龍一 三菱化学株式会社 株式会社 三菱ケミカルホールディングス 取締役 取締役会長
2013 年 5 月 – 丸山 修 住友化学株式会社 執行役員
2016 年 6 月 – 北浦 保彦 住友化学株式会社 常務執行役員
2017 年 6 月 – 志田 純 花王株式会社 執行役員
2018 年 6 月 – 久保 英明 花王株式会社 執行役員

年表

2005 年 7 月 ダウンストリームユーザ研究会発足
2006 年 9 月 11 日 アーティクルマネジメント推進協議会設立
2009 年 6 月 JAMP-GP稼動開始
2016 年 4 月 chemSHERPAの運用開始
2018 年 6 月 29 日 JAMP MSDSplus/AISの公開終了

発起人

  • 旭化成株式会社
  • 花王株式会社
  • 住友化学株式会社
  • セイコーエプソン株式会社
  • 大日本インキ化学工業株式会社(現:DIC株式会社)
  • TDK株式会社
  • 株式会社東芝
  • 株式会社日立製作所
  • 富士フイルム株式会社
  • 富士通株式会社
  • 松下電器産業株式会社(現:パナソニック株式会社)
  • みずほ情報総研株式会社
  • 三菱化学株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)
  • 三菱電機株式会社
  • 株式会社村田製作所
  • ライオン株式会社
  • 株式会社リコー

ページのトップに戻る